2006年11月17日

(早くも決定w)今週のM&A大賞 〜キリンビール&メルシャン

まだ木曜だけど今週は結構色んなM&Aのニュースがありましたね。
本当は、一昨日くらいにあったホンダがM&Aした案件をとりあげたかったんだけど、今のところ一日一件記事を投稿するのが限界なので、置き去りのまま・・・。今日こそは自動車業界の今後についてM&A的観点から書きたかったけど、「麒麟麦酒(以下キリンビール)によるメルシャンの買収」のニュースが入ってきてしまって、またホンダのニュースは放置プレイです。


そんなわけで、今日は表題のキリンビールとメルシャンの件について。
このニュースはなかなかセンセーショナルだったので、
今週のM&A大賞を授けたいと思います(ちなみにこの賞は不定期ですw)。

先週の日清食品のケースといい、今回のキリンのケースといい、なかなかM&Aが起きにくい食品メーカー間でのM&A、しかも業界再編につながりそうな案件が毎週起きていて、産業界にとっても日常生活においても、刺激的な状況が続いています。

そもそも今回買収されたメルシャンも明星食品とともに如何ともし難い状況にある企業でした。そもそも食品メーカーは超トップ企業以外は、低成長、低PBRの代表銘柄がたくさんあります。ずっとそんな状況が続いていたのに、立て続けにこういう事例が起きて、本当に時代は変わったと思います。

食品メーカーが何故低成長かというと、詰まるところ、国内マーケットの飽和に尽きます。少子高齢化に象徴される消費者の構造が大きく変化しており、商品の差別化も難しい業界なので企業の努力では如何ともし難い状況なのです。
したがって、現在有望な食品メーカーといえば海外マーケットに強い味の素、日清食品など一部の企業に限定されるわけです。ちなみに大手ビールメーカー各社が海外のビールメーカを積極的に買収しているのも、海外マーケットにしか本業の成長活路が見出せないためといえます。

国内のアルコールマーケットにフォーカスすると、数年前までの焼酎ブームでしばらく焼酎事業を営む会社は追い風が吹いていましたが、今は一段落した模様です。ビール・発泡酒は定期的に新聞で取り上げられていますが、厳しい状況が続いています。その他ワイン・日本酒・ウィスキーは人気・需要ともにずっと低迷しています。大手のメルシャンでも厳しい状況が続いていました。

大手のビールメーカーは前述の通り、本業では海外マーケットでしか成長余力がないため、その他の成長戦略としては本業以外の分野での買収(例えばアサヒビールによるベビーフードメーカー大手の和光堂の買収)をすることで、成長の柱を新たに創らざるを得ない状況となっています。

今回のキリンビールによるメルシャンの買収は買手・売手双方の切迫した状況によって生まれた案件といえるでしょう。





ラベル:TOB 業界再編
posted by Qさん at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュースの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。