2006年12月14日

マルハ&ニチロ

久々のエントリ^^;
海外に行っていました。
滞在先で一番印象に残ったニュースは・・・・・
ズバリ「マルハとニチロの経営統合」。
11日のニュースなので、かなり後追いになってしまいましたが、
少々コメントをば。

水産業界では2002年に当時5位で売上高約400億円の宝幸水産を日本ハムが吸収したくらいで大きな再編はこれまでありませんでした。そういう点で、首位と3位の伝統企業同士の再編は意義があると思います。

ただ規模だけが大きくなった印象の方が強いですね。一時期に比べたら随分改善されましたが、マルハの有利子負債は今でも決して低い水準ではないですし、ニチロも同様です。両社の統合が規模だけでなく、企業ブランドも業界トップになるには、かなりの努力を要するでしょう。業界で最もブランドがある企業といえば、日本水産ですが、今回の統合だけでは、まだ日本水産に分があるかなと思います。
両社とも風通しの良い組織、という評判は聞いたことがないので、統合プロセスは時間がかかりそうですが、これからに期待したいです。

しかし、食品業界の再編の動きが本当に活発になってきましたね。
これまでは国内市場の縮小化が、引き金になっていたケースが目立ちましたが、本件、すなわちマルハとニチロの統合を決めた背景には世界的な水産資源の需要拡大による調達価格の上昇と、小売業の価格競争に伴う納入価格の下落があります。要するに原材料価格が上がったのに商品価格にコスト上昇分を転嫁できない状況が続いていたわけです。
統合を機に、魚の調達ルート拡大で商品提案力・新商品開発力を高めて小売業からの圧力を和らげることになると予想されます。実際、業界の人に聞くと、営業の現場では、小売り・卸から技術や営業、調達まで高度な要求が出てきているそうです。具体的には新聞各紙で書かれている通り、マルハの世界的な魚の調達ネットワークと、冷凍食品に強いニチロの開発力を組み合わせて新たな商品を生み出すことになるのでしょう。こういった新しい試みをするのには、前述の通り、統合プロセスが非常に重要になってくるわけです。







ラベル:TOB
posted by Qさん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。