2007年02月17日

大M&A時代

この週末ドドっと大型案件のニュースがニュースが流れましたね。

・サンスターのMBO
・スティール・パートナーズのサッポロホールディングスへのTOB
・大丸と松坂屋の経営統合


ひとつひとつコメントをしっかり書きたいところですが、
結構なボリュームになりそうですね・・・^^;

敢えてこれらの案件に共通することを言えば、
「国内市場が飽和している業界でのM&A」
ということでしょうか。

まずサンスターが属する消費財の業界はその典型でしょう。
MBOをすることで、中長期的な視点で且つ抜本的な改革をし、
また、スイスに拠点を移すことで、
海外マーケット攻略の足がかりにするそうです。
個人的には前段部分は教科書通りの説明だし、
後段部分は個人的にはあまりピンとこないですね・・・。
まあ、じっくり見守りたいです。


スティールのサッポロへのTOBは予測できた行動です。
業界ではスティールがそろそろ動くという噂はよく聞いていましたし。
サッポロはM&Aを積極化するといった姿勢をマスコミに打ち出したり、
防衛策の検討をするなど、株式市場へのアピールをしていましたが、
どれも本気度が伝わってこないなぁと感じていました。
よくこれまでのんびりとしていたなぁと思います。
一方、スティールは相変わらず抜かりないですね。
リリースも上手いと思いました。
この調子だと今回も上手く売り抜けるでしょうね。


大丸と松坂屋の経営統合は松坂屋が
M&Aに動き出したことに少し驚きました。
松坂屋といえば愛知を代表する名門企業ですが、
その愛知県というのは、(詳細は割愛しますが)
土地柄的にM&Aに対するアレルギーがあるところだからです。
特に自社が飲まれるような形は敬遠しがちです。
今回時価総額が4倍近く大きい大丸と経営統合するということは
かなり思い切った決断だったでしょうし、
それだけ、当業界の先行きが不透明なのでしょう。
百貨店業界の再編のきっかけになるかと思います。
次の目玉は三越あたりでしょうね。



1月のエントリに書きましたが、
いよいよ日本の産業が動き出しましたね。
まさに大M&A時代です。
今期はまだまだ大型の案件が動き出しますよ。
3月末まで目が離せません!!









posted by Qさん at 23:47| Comment(38) | TrackBack(0) | M&A大局観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

TOBのプレミアム

JPモルガンが買収を発表する直前の株価に対するプレミアムを計算したところ、
今年第二四半期では下記のような結果となった。
・米国は20.5%
・欧州は14.9%
・日本を含むアジア太平洋地区は9.0%

ITバブルの全盛期には米国で40%前後となっていた時期もあったが、
最近では欧米では15〜20%のレンジで落ち着いている模様。

日本で最近注目されてる案件は20〜30%超だと思うので、
やはり日本は売り手市場といえるであろう。
買い手企業は買収後、プレミアムを超える利益を
対象企業から生み出せるのであろうか?
買収価額が高すぎれば、買い手企業の株主の利益を
損ねることとなるので、無理な買収金額の提示も考え物である。




ラベル:TOB
posted by Qさん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A大局観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

オープン型M&Aの時代へ

劇場型M&Aからオープン型M&Aの時代へ


M&Aという言葉が世間に浸透したのが昨年のライブドアによる一連の買収騒動だと思います。
M&Aが広く知れ渡ったことはいいのですが、同時にM&Aに対して偏ったイメージを持つ人が増えたのも事実だと思います。
お茶の間のワイドショー好きなおばさま達も興味をもつなど、「劇場型M&A」と言われていました。

今年に入ってしばらくして、「劇場型M&A」は落ち着いきましたが、M&Aの勢いは止まることを知りません。
特に今月は一般消費者にもよく知られている明星食品やメルシャンなどの企業がM&Aの対象となり、ますますそういった案件が増えてくるのではないかと思います。
経営手法・経営戦略の一つとしてM&Aが経営者に浸透してきている証拠でしょう。
そんな中、小生が個人的に注目しているのは、直近の明星食品に対するスティール・パートナーズのTOB提案や北越製紙に対する王子製紙のTOB提案といった、提案内容を公開し、その判断を相手企業の経営陣のみならず株式市場にも問う、「オープン型M&A」です。

これまでほとんどのM&Aは成約するまで情報が公開することがありませんでした。すなわち、当事者同士が合意の上、相対で非公開のまま交渉を進めていました。
この背景には
・先ほど述べたように、M&Aが一般的な経営手法となってきたこと
・市場経済が日本にも根付いてき株主への配慮がこれまで以上に重要になってきたこと
・少子高齢化国内市場が縮小し、成長戦略が描けない業界が増えていること
・グローバル競争に巻き込まれている企業が増えていること
など、様々な要因がからんでいると思います。


これからは、2000年前後の不況の時代に多かった不振企業の再生、バランスシートのスリム化を目指すためのM&Aなどではなく、業界での生き残りをかけた大型再編が増えていくといえるでしょう。




posted by Qさん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A大局観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。